So-net無料ブログ作成

「家族学ことはじめ」小此木啓吾 講談社 1999年 ⑦ [読書記録 一般]

「『いない いない ばあ』の親
  親から離れてしまって『俺は俺だ』というのが『いない』とすれば、また、困ったと
 きには『ばあ』と頼りにして現れる。」






今回は、5月22日に続いて、小此木啓吾さんの
「家族学ことはじめ」7回目の紹介です。




出版社の案内には、


「人生の大半を一緒に過ごし、日常の悩みや喜び、将来の不安や希望をともにする家族。
 その形態は、時代とともに変化しているため従来の家族意識には歪みが出ています。長
 年精神科医として活躍してきた著者のこれまでの新聞、講演などからわかりやすいエッ
 センスを抜き出し、家族という小さな共同体の中でのそれぞれの役割の重要性を具体的
 に教えてくれます。」



とあります。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「父親は本来子供を家庭の中から社会・世界に発展させていくモデル」
「最近憎まれ役になるのを面倒がるお父さんが増えている」


・「自分はただお金を稼いできて,欲しい物を買って与えて大事にし、過保護にする。け
 れども『それ以上はつらいからいやです』と言う親が増えてきている。」


・「思春期の親の最大の課題
 = 子供が自分から見えなくなったことに耐える能力」


・「(新しい課題)父親不在 + 母子密着家庭 = 疑似母子家庭」




本日、勤務校は運動会。
晴天に恵まれそうですが、暑くなりすぎないか少し心配です。




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「家族学ことはじめ」小此木啓吾 講談社 1999年 ⑦

1.jpg

◇父として母として

□父親本来の役割を意識して

 日本的母子家庭

  → マザーコンプレックスの強い子に


 日本には「夫不在」の認識が少ない



反対に 子供と遊ぶお父さんの時代

 父親は本来子供を家庭の中から社会・世界に発展させていくモデル


子供からすると社会に出るときのモデルを提供してくれない不満


○父親の存在意義

① 避難場所になるお父さん


② お母さんの代理になるお父さん


 ③ 邪魔な存在 = 煙たい存在

※ 家庭の雰囲気が変わることが大切

※ 最近憎まれ役になるのを面倒がるお父さんが増えている

   


□今母親がなすべきこと

○家庭内暴力の子供  

 「どうして俺を生んだのか」

 「どうして自分をこんなに育てたのか」



 今まで愛着していた深い仲の相手と別れなければならないときのトラブル
 

○最近の親  

 自分はただお金を稼いできて,欲しい物を買って与えて大事にし、過保護にする。けれ
ども「それ以上はつらいからいやです」と言う親が増えてきている。



□性の問題から目をそらさずに

 女の子の感情はすごく古い

 - 高校・大学 女性の傷付きが深刻で大きい



□上手な子離れ親離れを

 親離れ = 対象喪失(オブジェクト・ロス)

       分離(セパレーション)と個別化(インディビデュエーション)
          ↓

思春期の孤独感

   大切なのは秘密を持つこと
  
   秘密 = 親から離れた自分 

知らないでも大丈夫



 ◎思春期の親の最大の課題

  「子供が自分から見えなくなったことに耐える能力」

必要なときに耐える

 ◎「いない いない ばあ」の親

  親から離れてしまって「俺は俺だ」というのが「いない」とすれば、また、困ったと
 きには「ばあ」と頼りにして現れる。

= 離れたり戻ったりの力学
 







◇愛と憎しみが親子関係の原点

□アメリカ 

 家庭内部の荒廃 ~ 日本へ?


愛と憎しみは表裏




□新しい課題 

親への反抗,家庭内暴力,登校拒否,思春期の親子関係の危機



父親不在 + 母子密着家庭 = 疑似母子家庭



nice!(148)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 148

コメント 2

sora

関わりすぎに
でも
言うときは言う
そのバランス感覚に
苦しんでます^^;


by sora (2019-05-25 09:43) 

ハマコウ

soraさん ありがとうございます。

「愛着障害」という言葉を、現場でよく聞くようになっています。
関わらないことより関わり過ぎの方がよいのではないかと、わたしは思います。
by ハマコウ (2019-05-26 00:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。