So-net無料ブログ作成

小川千賀子「99%後悔しない65歳からのリフォーム&家づくり」 2016年 [読書記録 一般]

今回は、小川千賀子さんの
「99%後悔しない65歳からのリフォーム&家づくり」を紹介します。




出版社の案内には、


「団塊世代とそれに続く世代が定年を迎えつつある現在、親の介護等を考えた家の改築や
 改装を計画している人たちが多いようです。そこでこの本は、介護、看護を軸におき、
 少しだけ未来を見据えた理想のリフォーム、そして家づくりを提案します。玄関、廊下、
 リビングなど場所別に工夫できること、注意するポイントなどを紹介。失敗を防ぎ、後
 悔をしないための準備ができる、きちんと役立つ1冊です。」


とあります。



わが家も築後30年近くとなり、一昨年、今年と台所、風呂場等のリフォームを行いまし
た。

「次は○○ね。」と妻は言いますが、これからのことを考えてのリフォーム。
いろいろな思いはあります。


メモ程度の読書ノートになってしまいましたが、載せます。
本を読むと、詳しく分かります。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー






<いちゆうのヒト in 浜松 vol.10>
1.jpg
毎年夏の恒例、浜松出身の講談師・田辺一邑さんの
「いちゆうのヒト in 浜松 vol.10」が、今夏も浜松市地域情報センターで開かれます。
今回は来年の大河ドラマいだてん特集「古橋廣之進と田畑政治」。
高田柊(ヨーヨー世界チャンピオン)さん、
田辺凌鶴さんの「金栗四三」、
田辺いちかさんの出演も!
時間があえば、ぜひお楽しみください。
 日 時:8月19日(日) 開場 13:30~ 開演 14:00~ 終演 16:30
 会 場:浜松市地域情報センター ホール
 入場料:前売券 2,500円  当日券 3,000円
以下のサイトに
http://www.hcf.or.jp/calendar/detail.php?id=21422

















☆「99%後悔しない65歳からのリフォーム&家づくり」小川千賀子 日本文芸社 2016年

1.jpg

◇玄関

余裕のあるスペース  
もし車椅子 

   介護者側のスペース



 戸建用宅配ボックス



さりげないベンチ 
   シューズボックス機能 40~45㎝高



 コンセント(外部用) 



杖立スペース



滑りにくい素材



照明 … 人感センサー



 タッチキーの鍵







◇廊下

大切な床材と手すりの素材選び



照明人感センサー



手すりの下地



幅を広めに



生活用品ストック場所



クッション性床材



手すりの位置シミュレーション







◇リビング

安らぎを生む畳のある空間



コンセントの位置、数
   「マルチコンセントカバー」LED照明



 電気式床暖房



 テレビ
  → スマートフォン、タブレット



 カーテン(プロのアドバイス) 
   明るい壁紙 
   床材に強度(車椅子)



 5,10,20年後を想像して







◇キッチン

シンプル機能でお料理教室



自動水栓タッチ式







◇ダイニング

夫唱婦随で家事を楽しむ



 分かりやすい収納







◇寝室

トイレを置くことも想定しよう



 安全にトイレ



遮光カーテン







◇和室

縁側



畳文化







◇押し入れ

布団レンタルサービス



 便利収納グッズいろいろ







◇クローゼット

ライフスタイルが変わったら断捨離も必要



 他の人が見て分かるように収納
   シンプルライフ



 ウォークインかウォークスルーか







◇洗面所

便利で安全、安心な清潔空間



 暖房







◇浴室

事故と介護を視野にスペースづくり



 三枚引き戸



段差解消



 丸みを帯びたかたち



 インターフォン



 浴室すのこ



 壁に手すり



 腰掛けられるスペース







◇トイレ

使いやすさ優先で



脱臭・抗菌の暖房







◇ユーティリティ

室内干しスペース







◇階段

下向きに橋が折れ曲がった手すり



 両側の手すり







◇日本インテリアアテンダント協会

 HP「インテリアアテンダント」 



 小川千賀子 ㈱デザインクラブ
nice!(160)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑱ [読書記録 郷土]

今回は、7月15日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)18回目の紹介です。




静岡県にある羽衣出版による、すばらしい本です。


今回も、「屋敷の話」にまつわる伝説の紹介です。
採取者の女子師範学生の努力に感謝します。


一昨日、台風の強風で我が家の木の枝が折れました。
車の近くに落ちていたのですが、当たらなくてホッとしました。
1.jpg2.jpg


<いちゆうのヒト in 浜松 vol.10>
1.jpg
毎年夏の恒例、浜松出身の講談師・田辺一邑さんの
「いちゆうのヒト in 浜松 vol.10」が、今夏も浜松市地域情報センターで開かれます。
今回は来年の大河ドラマいだてん特集「古橋廣之進と田畑政治」。
高田柊(ヨーヨー世界チャンピオン)さん、
田辺凌鶴さんの「金栗四三」、
田辺いちかさんの出演も!
時間があえば、ぜひお楽しみください。
  日時:8月19日(日) 開場 13:30~ 開演 14:00~
  会場 :浜松市地域情報センター ホール
  入場料:前売券 2,500円 当日券 3,000円
以下のサイトに
http://www.hcf.or.jp/calendar/detail.php?id=21422







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑱

1.jpg

8 屋敷の話

(1)お化け屋敷 (浜松市八幡町)

 これは、昔、浜松の田町や肴町に家の少なかったころ、早馬の横町にあった。


 その家には一つの古井戸があって、狐を退治しては、この井戸に投げ込んでいたので、
その家に住んだ人は死に絶えてしまった。


 それでそこをお化け屋敷と呼んでいる。(金原せつ)








(2)沖の瀬御殿 (引佐郡三ケ日町)

 津々崎の南海岸より数丁(約500㍍)の間を沖の瀬と称し、浅瀬が続いているが、そ
の先端に宏大な建築物の跡とも見える石垣が、四方一町 (約1090㍍)余りの間の海
底に残されている。


 里の人は沖の瀬の御殿と呼んでいる。


 昔々、ある大名のお姫様が病気保養のため、風光絶佳の猪鼻の湖岸に宏壮な邸宅を営み、
侍女を相手に、凰の夕、雪の朝と、思いのままの生活をしていた所だという。


 美しい女達の住家とて、定めし面白いエピソードもあった事であろうが、語り伝える人
も無い。この御殿跡には、美しい魚類が多いという。


 定めしお姫様の魂ででもあろう。                 (城川てる子)







(3)たたり屋敷 (引佐郡三ケ日町)

 鵜代の札木の付近に崇り屋敷という屋敷がある。


 昔、この屋敷に住んでいた某という相当裕福な老爺があった。


 ある年の師走の夕方に、行きくれた二人連れの六部(巡礼)さんが報謝の宿を求めたけ
れど、在郷の事でと言うので、一人だけこの家へ泊めてもらって、他の一人は他の家に泊
めてもらうことになった。


 朝になって他の家に泊まった六部が、「さあ、出掛けましょうな」と札木のこの家に誘
いに来たところが、主の老爺が「私の家へ泊まった六部さんは、先刻一足先にお立ちにな
った」と言う。


 戸口に掛けた同行二人と記された笠は正しく連れの笠であるので、不思議な事だと首を
ひねりながら一人で出発してしまった。


 聞けば、老爺のところに泊まった六部は、大変小判を持っていたという事である。


 それからというもの、流石に裕福であったその家も、だんだん衰えて、土蔵も屋敷も人
手に渡して西国巡礼の旅にのぼってしまった。


 多分知らぬ他国で並木の肥になった事であろう。


 それからというものは、この屋敷へ何の関係のない誰が住んでも、どうも栄えぬという
事だ。                              (掘川てる子)

nice!(156)  コメント(2) 
共通テーマ:学校