So-net無料ブログ作成

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 24 [読書記録 郷土]

今回は、10月17日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)24回目の紹介です。



戦前に女子師範学校の学生さんがまとめた昔話集です。
大変おもしろく、今読むことができるのは 学生さん達のおかげです。




今回は、「植物に関する話」です。

「浜松の松はざざんざ…」
浜松の「ざざんざ織り」も知られています。



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 24

1.jpg

11 植物の話


(1)蛇つなぎの松 (磐田郡二俣町・現天竜市)
 
 鳥羽山にあったが今は無い。

 昔、ここで大蛇を切ったという。(鈴木とし子)








(2)物見松 (磐田郡二俣町・現天竜市)

 二俣城跡にある。

 これに登って辺りをうかがったという。(鈴木とし子)








(3)野口八幡公園の楠 (浜松市)
 
 浜松には、逃げて勝った徳川家康の遺跡が、300年後の今日も依然として沢山残って
いる。


 そのなかで野口八幡公園の雲立の楠はその随一である。
 

 元亀(1570~1572)の昔である。

 武田勢に追いまくられた彼は、逃げ場に困った結果、この野口の楠の洞穴に入った。


 そうして一心に弓矢の神を念じて追手が発見しないように小さくなって闇の中で眼をキ
ョロキョロしていると、不思議な事には、楠の頂上から白雲がにわかに巻き上がると見る
間に、2、3度くるくると回ると、白髪のご神体と化して天に上った。


 徳川勢は、これは正しく武田勢を滅ぼす機会であるとして、矢庭にときの声をあげて敵
勢中に乱入した。


 家康は涼しい顔をして楠のウロからノソノソと這い出し、進め進めと激励した。


 そのため、武田軍は利あらずと見てさっさと退いた。


 この間に家康は易々と浜松城に入って助かった。


 翌朝、楠の周囲を見ると神馬らしい蹄の跡がはっきり残っていた。


 それで家康はここに八幡宮を祀ったという。 

 一説には楠でなくて、クモの木から白馬に蹄がったご神体が天上したとも伝えられてい
る。


 何にしても巧みに芝居を打って味方を激励した事は事実である。                   
                                (中村歌智子)








(4)さざんざの松 (浜松市)

 浜松の野口八幡神社の東方に「さざんざの松」というのがある。


 今のは何代目かの松で、秋風に枯れ枝が増え、当時をしのぶよすがもなく、長さがわず
かに7、8尺(約2.1~2.4㍍)の松になっているが、祖先は、はなはだ大木であっ
たらしい。


 古老に聞くと、昔は八幡神社の東方約5丁(約545㍍)の所にあったという。


 大風のために倒れたが、不思議にも5丁の距離を幹は空に向かって弓なりに円を描き、
下の八幡神社の近くまでとどいた。


 そして樹身からは再び根を生じたという。


 また、ある古老の話にこんな事がある。

 一代の画聖、狩野元信が、ある時浜松の宿に泊まった。


 その翌日、彼は有名な、さざんざの松を写生すべく根元に到り、写生だけして伝馬町の
旅館に帰った。


 そして、いよいよ名墨をたっぷり筆に含ませて書き上げようとしたが、どうも枝振りが
面白くないので、再びさざんざの松を訪れた。


 松は涼しい顔をして元信をひやかすように、ざんざ、ざんざを続けている。


 写生を開いて見比べるとアッと彼が驚いたのも道理、それは似ても似つかぬ形だった。


 そのため元信は、今度こそはと入念に下絵を書いて宿に帰ったが、何度筆を取っても意
の如くならず、それのみか、例の松はそこらの令嬢が着物を着替えるように毎日枝根を変
えてすまし切っている。


 流石の画聖も彩管を投げて嘆三嘆(嘆きためいきをつき)、神のことは我の及ぶところ
にあらずと、ついに思いとどまったという。


 星移り月変わり、今は何代目かの松が、まさに枯死の嘆きを秋風に訴えている。

                                  (中村歌智子)


nice!(141)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「脳を守ろう」岩田誠 岩波ブックレット№967 2017年 下 [読書記録 一般]

「 20代の終わりに書いた作文の表現力が非常に高かった人は100歳になってもあまり
 ぼけていない。
  それに反して、つまらない、通り一遍のことしか書いていないようなそういう表現力
 の乏しい文章しか書けなかった人は簡単にぼけてしまっている。」   






今回は、10月21日に続いて、岩田誠さんの
「脳を守ろう」2回目、後半の紹介です。

岩波ブックレットは安価で薄くい冊子ですが、
読み応えのある本がそろっているように感じます。



出版社の案内には、

「『人生100年時代』を前に! 私たちの健康を司るおおもとである脳の働き,脳ドックで
 わかること,加齢による脳への影響とは.そして高齢期の二大脳障害である脳梗塞とア
 ルツハイマー型認知症の原因と予防.手や口をよく使う,障害に負けない脳づくりにつ
 いて,神経内科の第一人者が,わかりやすくユーモアをこめて語る.」

とあります。



今回紹介分より強く印象に残った言葉は…

・「アルツハイマー病の原因は脳の中に溜まってくるゴミ(ベータ・アミロイド)」


・「認知症になるかならないかは20代で決まってしまう」


・「表現力をつけるような生活をずっと続けていれば、いくらゴミが溜まっても負けない
  強い脳をつくることができる。」


・「手や口を使って表現しましょう」



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー




☆「脳を守ろう」岩田誠 岩波ブックレット№967 2017年 下 

1.jpg

◇認知症(アルツハイマー型認知症)との付き合い方
 
□アルツハイマー病の原因

 アルツハイマー病の原因は脳の中に溜まってくるゴミ(ベータ・アミロイド)
  

→ ゴミの溜まる速度が遺伝子によって決まっている  


 ※ ゴミが脳の中にたくさん溜まると、要するに脳の中が「ゴミ屋敷」になってしまう
  と、その周りの神経細胞の働きが弱くなったり、場合によっては、神経細胞が死滅し
  てしまっている。



 スノウドン  
   中心の研究 「ナン・スタディ」
 



□高齢者の脳から分かったこと

 認知症になるかならないかは20代で決まってしまう


 ※ 20代の終わりに書いた作文の表現力が非常に高かった人は100歳になってもあま
  りぼけていない。
     
   それに反して、つまらない、通り一遍のことしか書いていないようなそういう表現
  力の乏しい文章しか書けなかった人は簡単にぼけてしまっている。   

  |

その一致率は 80%
    

 ※ スノウトンさんの主張
 
   表現力をつけるような生活をずっと続けていれば、いくらゴミが溜まっても負けな
  い強い脳をつくることができる。 
                  『16歳の美しい脳』DHC 2004年
 



□「脳のゴミ」を消すとどうなるか

 認知症の症状が出てからゴミを消してもダメ
 



□その人その人の「脳のゴミの溜まり方」を知る

 ゴミを消してもしょうがない。
 ゴミを消さずに脳を鍛えた方がいいという考え方が出てきた。



 認知症になる前にゴミを消す

 脳を鍛えるしかない

 表現行動が大切








◇脳の鍛え方・休め方  

□手や口を使って表現しましょう

 口 - おしゃべり、歌
   

 手 - 料理、編み物、刺繍、習字、ゲーム
 



□脳は何のためにあるのか 

 社会性を保つために必要なもの「ダンバーナンバー」



□動物との交流 
   
 ペットの認知症



□音楽療法





◇岩田誠 
 
 1942生
nice!(135)  コメント(0) 
共通テーマ:学校