So-net無料ブログ作成

「斉藤喜博さんはこんなことを」⑩-「斎藤喜博教師の実践小辞典」笠原肇 一茎書房 1996年 (4) [読書記録 教育]

今回は、11月25日に続いて、
「斎藤喜博さんはこんなことを」10回目の紹介です。
笠原肇さんによる「斎藤喜博教師の実践小辞典」の要約から4回目です。



出版社の案内には、

「斎藤喜博の教育実践法を復活させ、子どもたちの可能性を開くような授業をし、現代の
子どもたちをいじめや不登校から救いたい。そのために役立つ教師へのエールや教えを
100項目収録した本。」

とあります。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「宿題で生徒を縛る現実の中で主体性は育ちません」
- ただ宿題をやるだけでは…。


・「説教は教育ではない」
- 説教すれば子供が言うことを聞く時代ではありません。


・「緊張関係が大切」


・「生徒にべたべたとくっつくことだけが生徒と親しくすることではない」









<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆「斉藤喜博さんはこんなことを」⑩-「斎藤喜博教師の実践小辞典」笠原肇 一茎書房 1996年 (4)

1.jpg

◇宿題 

 宿題で生徒を縛る現実の中で主体性は育ちません



目に見える結果だけに翻弄されては「自主性」も「創造性」もそして教育の可能性まで
も捨ててしまうことになってしまう。


 ◎「異端では少しもないという自覚を持つ故長くたたかいて来ぬ」
      (「證」1952)

 


◇説教 

 説教をする自分の醜さ


 説教は教育ではない


 ◎「具体につけ具体につけ念じ来てやうやく私に一つの確信」
(「職場」以後1965)

 



◇集会

 全校集会を見ればその学校のレベルはわかる



進学校の集会はひどい 教師の話を聞こうという真摯なもののかけらもない


 緊張関係が大切


 ◎「実践者が多数に認められるなどといふことはないと思へばやすらぎてゐる」 (「職場」以後 1962)

 


◇校長先生の話

 状況に合わせた話(式典)
入学式の話「猿の話」


 状況に合わせて式典でも話ができなければいけません


 ◎「鼻のある一つの猿の悲しみも覚悟せざるば動かざるなり」  (「證」1951)

 




◇学級通信

 学級作りは一時間一時間の授業においてである 


 斎藤喜博は学級通信というものに必要性や異議を感じていなかった
通信は「お知らせ」 = 学級担任の理念を伝える場


 ◎「積み重ね積み重ね来て魯鈍なるわれに幾らかはなせしことあり」
 (「職場」1959)

 



◇人間関係

 教師の表情は授業という具体的な仕事の中で
教師の技能と技術


 人間関係は「無理」がいけない
  ~ 普通にやればよい


 ◎「気短に人を退けいよいよに気弱く狭くなるもすべなし」 (「職場」以後1965)

 




◇子どもとの関係

 生徒にべたべたとくっつくことだけが生徒と親しくすることではない


 本質的な意味での親しさ・尊敬は教育という仕事の中で

→ 教師の人間の高さ,深さ,授業の質により決まる



nice!(140)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「40歳を過ぎたら定時に帰りなさい」成毛眞 PHPビジネス新書 2016年 前半 [読書記録 一般]

ゲーテ 
 「自分が本当に幸せだと思ったのは2週間ぐらいしかない」

ヘレン・ケラー 
 「わたしの人生で幸せでなかった日は一月もなかった」






今回は、成毛眞さんの、
「40歳を過ぎたら定時に帰りなさい」1回目 前半を紹介します。


出版社の案内には、


「なぜ、著者は『会社で上司や部下とケンカをしたり、取引先に無理難題をいわれてため
 息をつくなど、息のムダ遣いである。風に吹かれる柳のように、ニコニコ笑っていれば
 いい』と述べ、『クマムシのようなしぶとさ』を手本とせよと主張するのか。日本の成
 長を支えてきた『会社人間』『モーレツ社員』的な働き方・生き方が見直されつつある
 今、私たちはどう働き、どう生きるべきかを論じた一冊。『40歳を過ぎたら、三日坊主
 でいい。』待望の新書版。」


とあります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「日本の企業はどの世代にもまんべんなく冷たい」


・「どんな生活を送ることになっても楽しんだ者勝ち」


・「会社にしがみついても心まで売り渡してはいけない」


・「社員にしっかり働いてもらいたければ企業は雇用条件を手厚くすればよい」


・「資本主義社会~資本家になるのが最終目標 → サラリーマンはすべて負け組」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー





☆「40歳を過ぎたら定時に帰りなさい」成毛眞 PHPビジネス新書 2016年 前半

1.jpg

◇はじめに

40代以上のビジネスマンが考えるべきは



「いかに会社で身を潜め外の世界を切り開くか」である



 これ以上全力を尽くさなくていい


  ×「仕事論」


  ○「脱力論」






◇逃げ切れない40代~50代

□人生を軌道修正できる最後のチャンス   
今、ようやくレールのない時代になった



□ 川上産業にいない人は、基本的に転職は無理

日本の企業はどの世代にもまんべんなく冷たい


川上産業 = ハイテク素材を供給する側(炭素繊維、電子部品)



□ミドルエイジはとことん会社にしがみつけ

 起業 追い出したい人を「キャリア○○センター」へ  雑用係

→ 自主退職に追い込んでいく



さぼってスキに過ごせばよい

  
 ◎どんな生活を送ることになっても楽しんだ者勝ち



□そもそもサラリーマンはすべてが負け組だ

 会社にしがみついても心まで売り渡してはいけない

◎与えられた仕事を最低限こなす責任が重い仕事は避ける



ミドルエイジ的 脱・社畜

  
□「自己実現」は企業の新たなエサ



□資本主義社会
 ~ 資本家になるのが最終目標
(サラリーマンはすべて負け組)

 マイペースで過ごすのが一番



□自分の人生は自分でデザインするもの

「ふり」さえすれば十分 ~ 上手に手を抜け

   ◎自分は「個人商店の経営者」



□すべての社員に等しく花道を用意できない時代



□うまく立ち直れなくても悩む必要などない
 
 すべての責任は上司が負ってくれるのだから悩む必要なし!

          |

 ◎「すみません。精一杯やったんですけどこれが限界です」

          ∥

 ※ 社員にしっかり働いてもらいたければ企業は雇用条件を手厚くすればよい  



□むやみに組織にあらがって無駄遣いするな



□幸せかどうかは持って生まれた遺伝子が決める 

ゲーテ 
 「自分が本当に幸せだと思ったのは2週間ぐらいしかない」

↑↓

ヘレン・ケラー 
 「わたしの人生で幸せでなかった日は一月もなかった」



□「セロトニン・トランスポーター」
楽天遺伝子 欧米人6割 日本人1~2割

不安遺伝子 欧米人4割 日本人8~9割



□先行きが見える人生はつまらない

nice!(148)  コメント(0) 
共通テーマ:学校