So-net無料ブログ作成
読書記録 教育 ブログトップ
前の2件 | -

「発達障害の子にちゃんと伝わる言葉がけ」佐々木正美 すばる舎 2015年 後半 [読書記録 教育]

今回は、3月16日に続いて、佐々木正美さんの
「発達障害の子にちゃんと伝わる言葉がけ」の紹介 2回目(後半)です。




出版社の案内には、



「発達障害の子は、目に見えない〈話し言葉〉を聞き取るのが苦手です。そのため、言葉 で言って聞かせようとしても伝わりにくいことがよくあります。本書では、『朝の支度
 を次々とこなせない』『食べものの好き嫌いが多い』『何度注意しても同じことをやめ
 ない』『口ごたえが多い』など、大人がイライラしがちな発達障害の子の問題行動ごと
 に、適切・不適切な言葉がけの例を挙げ、どのように言葉をかけたら伝わりやすくなる
 のか、自尊心を傷つけずに『できる』ことを増やしていけるのか、といった疑問にこた
 えます。困ったとき参考になる、お母さんの体験談つき。」




とあります。




今回は、

・「『ちゃんと伝わる」言葉掛けのルール」
・「日常生活の『できる』がどんどん増える言葉掛け」

についてが中心ですが、発達障害に生きづらさを感じている子どもばかりでなく、どの子
どもにも生かせそうです。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「話し掛けるときは言葉の視線の中に入って言葉掛けを!」


・「指示を出すときは言葉と視覚情報を併用して」


・「注意をするときは軽い言葉で具体的かつ肯定的に」


・「できたことを認めてあげる言葉掛けを」



本日、勤務校は修了式。
しかし、明日の卒業式は全員出席のため、明日も顔を合わせることができます。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆「発達障害の子にちゃんと伝わる言葉がけ」佐々木正美 すばる舎 2015年 後半

1.jpg

◇もう、叱らなくても大丈夫 「ちゃんと伝わる」言葉掛けのルール

 ルール① 
  「話し掛けるときは言葉の視線の中に入って言葉掛けを!」

目の前に行き関心を向けてから
 


 ルール② 
  「指示を出すときは言葉と視覚情報を併用して」

   口数は少なく - 混乱させない
     身振り、手振り、絵や写真を使って 



 ルール③ 
  「注意をするときは軽い言葉で具体的かつ肯定的に」

   肯定的に穏やかに



 ルール④ 
  「できたことを認めてあげる言葉掛けを」

   小さいことでもうんと褒めて







◇日常生活の「できる」がどんどん増える言葉掛け

1 できるだけ叱らない



2 どうしても叱らなければならないときは、軽い言葉で 



 3 叱った後は必ず褒める



 4 小さなことでも「できた」ことをほめる



 5 子どもが喜ぶ「ごほうび」を用意する

 

□グズグズ、モタモタに関すること

← どうしてか?



<ケース> 

 ケース① 
  「朝の支度を次々とこなせない」
   
   次にすることを教える-視覚支援ツール

   絵カード、文字カードのスケジュール


 ケース② 
  「トイレに行こうとしない」 

   絵や写真の指示をかく



 ケース③ 
  「なかなか着替えてくれない」

   楽しく会話しながら手伝う



 ケース④ 
  「食べるのに時間が掛かる」

   終わりの時間を伝える
    → 時計



 ケース⑤ 
  「簡単にできそうなことができない」

   できた喜びを共に喜ぶ

nice!(143)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「子ども観の戦後史」野本三吉 現代書館 2007年 ⑧ [読書記録 教育]

「学校に子供たちをつなぎ止めているものは,学校社会における私的空間(休み時間・放
課後)であり,気のあった友人関係である。」





今回は、3月14日に続いて、野本三吉さんの
「子ども観の戦後史」の紹介 8回目です。


出版社の案内には、



「敗戦以来、日本人の『児童観』はどのように変化したか、子どもを把えた戦後の書籍を
 通し、子どもを取りまく社会現象の変化の中での子どもを見る眼、子ども自身の生活の
 変遷を追ってみた。社会構造の変化を通した人間関係の変遷の中での子どもの変容をみ
 る。」




とあります。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「職業訓練の再発見」


・「親自身が伝えるべき技術と知恵」


・「『福子(フクゴ)』『福虫(フクムシ)』『宝子(タカラゴ)』」


・「伝統的組織集団共同体 ←→ 私的領域」
→ 境目をどこにおくか…





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「子ども観の戦後史」野本三吉 現代書館 2007年 ⑧

1.jpg

◇スパルタの海

□自信を失った親



□戸塚ヨットスクールの世界

 普通のヨットスクール

  → せっぱ詰まった親からの依頼による青少年でいっぱいになってしまった



□職業訓練の再発見

 1979(昭和54)年2月 戸塚ヨットスクールで死者
 
 劇薬 1983(昭和58)年6月逮捕



 親自身が伝えるべき技術と知恵

 






◇教育から学育への転換

□「自己教育」への模索  

 山岸会との出会い



□共同体の子どもと「子育て」

 





◇「福子」の思想

□「福子」の伝承

 障害児は嘗て…

 「福子(フクゴ)」「福虫(フクムシ)」「宝子(タカラゴ)」



□障害児と共に生きる



□生きる主体としての子ども




 



◇私的空間の解放

□私的空間 ~ 登校拒否児の登場

 1960 学校恐怖症 → 登校拒否 →不登校


原因 ・自主性の発達のおくれ

    ・両親の育て方を改め自主性の発達を宇長いことに努力要



「生活のすべてを子供たちに任せる」平井信義


 子ども自身が自ら育つ場
   東京シューレ


 学校回避と私事化現象
伝統的組織集団共同体 ←→ 私的領域

献身価値の揺らぎ



  子ども ・規則に束縛を感じず「何とかなるさ」なりゆきまかせ

      ・好み・気分・感性的基準



 ※ 学校に子供たちをつなぎ止めているものは,学校社会における私的空間(休み時間
  ・放課後)であり,気のあった友人関係である。



nice!(150)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 教育 ブログトップ