So-net無料ブログ作成
読書記録 教育 ブログトップ
前の2件 | -

「いちばんやさしい教える技術」向後千春 永岡出版 2012年 ③ [読書記録 教育]

今回は 6月11日に続いて、向後千春さんの
「いちばんやさしい教える技術」3回目の紹介です。



出版社の案内には、

「教えたのにできないのは、じつは100%教え方が悪いせい。教え方にはルールがあり、
 どんなことでも3つのパターンにあてはめれば、必ず教えることができます。誰かに教
 える、伝えるときに知っておきたい教える技術をやさしく紹介。」

とあります。


相手をよく観察して、できたらすぐに声を掛ける、現在特別支援教育に関わっていますが、
特別支援教育に大切な「技術」だと感じます。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「どのようにうまく思考するかを教えることが認知スキルのゴール」


・「集中学習よりも分散学習の方が効果的」


・「スキーマをどれくらいもっているかが問題解決能力を決める」


・「文章を書くときには複数の作業を同時に行うため、教えることが難しい」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「いちばんやさしい教える技術」向後千春 永岡出版 2012年 ③

1.jpg

◇学ぶ人を納得させる教え方 認知スキルの教え方

□学校の勉強は「認知スキル」を開発するための科目

 運動スキル … 上手になるに従ってコトバはなくなっていく


 どのようにうまく思考するかを教えることが認知スキルのゴール

 



□「頭を使って考える」パターンは3つに分けられる

 ① 「記憶すること」


 ② 「問題を解決すること」


 ③ 「話したり書いたりすること」

 



□「記憶する」「記憶する方法」①

 効率よく … 覚えたい事柄を間隔を開けて繰り返し覚える


「分散学習」


 集中学習よりも分散学習の方が効果的





□「記憶する方法」②

 覚える内容をすでに知っている知識と結びつけると記憶できる
連想させる





□「記憶する方法」③

 相手は聴覚型? それとも視覚型?


 相手は聴覚型か視覚型か見極め、相手に合わせた方法で教える




□「問題を解決すること」

○「問題を解決すること」の教え方①

 「どうして分からないの?」は無意味な質問

    例:ハノイの塔 パズル
解き方のパターン(スキーマ)を獲得させる

  解き方のパターンを修得させて問題解決を教える



○「問題を解決すること」の教え方②

 解き方のパターンは多ければ多いほどベスト

スキーマ = 解き方のパターン


 スキーマをどれくらいもっているかが問題解決能力を決める




○「問題を解決すること」の教え方③

 スキーマを柔軟に考えると応用問題が解ける





□「話したり書いたりすること」

○「話したり書いたりすること」の教え方①

 言葉を使うスキルの基礎はノートを取ること


 ノートを取る技術
 1 話の理解に集中できる

2 相手の話の全体をまとめ自分なりの考えを追加できる



  メモ、ノート、鉛筆を持つ習慣づけ


 コーネル式ノート
┌──────┬──────────────────┐
│2記憶のヒント│1ノート │
│ ・キーワード│ ・箇条書きで │
│ ・図表 │ ・簡潔に │
│ ・ヒントなど│ │
│ │ │
│ ←│ ← 要点 │
│ │ │
│ │ │
│ │ │
│ │ │
│ │ │
│ │ │
├──────┴──────────────────┤
│3まとめ │
│ ・重要なことをまとめる │
│ │
│ │
└─────────────────────────┘

  ※ 後から見てすぐに記憶がよみがえるノートの取り方を定着させる




○「話したり書いたりすること」の教え方②

 文章の書き方を教えるのが難しい理由

 まず簡単なメモ

 ◎ 文章を書くときには複数の作業を同時に行うため、教えることが難しい




○「話したり書いたりすること」の教え方③

 文章は「小さなステップを踏んで書く」と教えよう

 ステップ1 マップ形式

 アイデアを出す

 キーワードを付箋で


 ステップ2 箇条書きストーリー

 マップを見ながら順序を考え、ストーリー形式で

        箇条書き


 ステップ3 おしゃべりスタイル

        箇条書きメモを見ながらおしゃべりするように文を書く
              (表記・言い回しは気にしない)


 ステップ4 段落形式

3を段落毎に整理しながらつながりの言葉を入れて全体を整える

       ◎いくつもの作業を同時にこなす作業は単純なステップに分けて教える



○「話したり書いたりすること」の教え方④

 「型」を教えることで文章が書けるようになる ◎P139

 どんな文章にも一定の型がある
・企画書 
      ① 企画タイトル 

      ② 企画趣旨 

      ③ 企画の詳細(日時、場所など) ④連絡先


   ・レポート・論文
① 導入 

      ② 方法 

      ③ 結果 

      ④ 考察

      ⑤ 結論


   ・事業計画書
① 事業プラン名 

      ② 目的 
      
      ③ 事業内容

      ④ 市場環境

      ⑤ 販売戦略 

      ⑥ 資金計画


   ・読書感想文
① 登場人物と粗筋 

      ② 印象に残ったシーン 
               
      ③ そのシーンとリンクする自分の体験や意見

      ④ まとめ(本から学んだこと)




○「話したり書いたりすること」の教え方⑤

  上手なスピーチの方法と教えたいことは?


  スピーチメモの作成と本番同様の練習を繰り返すことが大切


nice!(134)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

「セルフラーニング どの子にも学力がつく」平井雷太 新曜社 2005年 ③ [読書記録 教育]

今回は、6月10日に続いて、平井雷太さんの、
「セルフラーニング どの子にも学力がつく」3回目の紹介です。




出版社の案内には、


「著者はプリント教材によって、子どもがすすんで学び、学力がつくユニークな『セルフ
 ラーニング』(らくだ学習法)の教室を主宰しています。現在までに学んだ生徒数はお
 よそ3000人、全国で50近い教室ができています。そのノウハウを説いた小社『セルフ
 ラーニング』は初版から15年ロングセラーとなってきましたが、このたび待望の新版
 が完成しました。子どもの自発性や学力低下論争、教育改革への提言を盛り込み、装丁
 を一新。気鋭の社会学者宮台真司氏の強力な推薦をいただきました。著者による『らく
 だ学習法』(実業之日本社・筑紫哲也氏推薦)と合わせて、ぜひお願いいたします。」


とあります。





今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「全員にストップウォッチ
  - ストップウォッチを使ってストップウォッチにこだわらない」


・「わからないままやることで育つ『考える力』」


・「『押しつけない・強制しない・命令しない』学習法」


・「教師の仕事は、だれにでもそなわっている自然学習力(好奇心・向上心等) を最大限
に発揮できるような環境を用意すること」






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー







☆「セルフラーニング どの子にも学力がつく」平井雷太 新曜社 2005年 ③

1.jpg

◇セルフラーニング どの子も進んで学ぶ(3)

4 時間を計る事の意味

□なぜストップウォッチを使うのか  

  全員にストップウォッチ

  ストップウォッチを使ってストップウォッチにこだわらない

  → チャイム代わり
     どのプリントをやるのか自分で決める
プリントに日付と名前を記入 

  → ストップウォッチ





5「セルフラーニング力」を育てる学び方 

□まずできること、そして分かることへ (できる → 分かる)

 抵抗を示す子に

「そうか。分からないか。番号順にやってみればどこが分からないか分かるし。まず、
  やってみたら?」


 「プリントの裏に答えが書いてあるから、どうしてそうなるか考えながらやってごらん。
  答えを見た問題は番号に○印をつけておいて、ミスとして数えればよいから」


□わからないままやることで育つ「考える力」

幼児の0のプリント 

  「0から☆をつなぎ、次は○から☆をつなぐ」ルール

   1~130 8分くらいでかける


□自分のペースでリラックス  A君(中1)
  小1相当(24枚)半月  

   小2相当(36枚)1か月  

   小3相当(38枚)3か月半

   小4相当(41枚)8か月

   小5相当(44枚)11か月半 

   小6相当(31枚)11か月半





6「押しつけない・強制しない・命令しない」学習法

□子どもの邪魔をしない
 
  すくーるらくだでしてきたことは「しない」こと



□信頼して任せておけば必ず子どもは応える

「なぜこの子は勉強をしたがらないのだろう」と考えるだけでよい

○ 自分の力量にあったちょうどのプリントを自分で選ぶ

  ○ 同じプリントを何枚学習すれば合格できるか判断できるようになる

  ○ 宿題を何枚だったら無理なくやってこられるかと自分で決められるようになる



□学ぶ力を発揮できる環境作り

 「教師を、教えることから解放する教育」

馬を水辺に連れて行くことはできても、飲む気のない馬に水を飲ませることはでき
  ない

 米国・著名教育者 
    ジョン・ホルト「ハウ・チルドレン・フェイル」
「教室の戦略」(一光社)

 教師の仕事は、だれにでもそなわっている自然学習力(好奇心・向上心等) を最大限に
発揮できるような環境を用意すること



□教えない教育の定義(News 23)

 ① 分からないものを分からないままに学ぶ教育

 ② 学ぶものを自分で決める教育

 ③ 問題を表面化させる教育



nice!(138)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 教育 ブログトップ