So-net無料ブログ作成
読書記録 宗教 ブログトップ
前の2件 | -

「好胤の言葉」高田好胤 学生社 2011年 ① [読書記録 宗教]

「諸人よ思い知れかし己が身の誕生の日は母苦難の日」






今回は、高田好胤さんの
「後胤の言葉」の紹介 1回目です。




出版社の案内には、


「高田好胤がラジオを通して全国の人々に語りかけた『心を救う』三分間のはなし。」


とあります。



ラジオやテレビで大活躍されていた高田好胤さん。
心に浸みる言葉をたくさん見つけることができます。




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「個性尊重でほったらかしている。それは、個性でなく野性。訓練されてこそ個性が育
つ」


・「自分の心の中の神や仏の心に目覚めると言うことが自覚と言うこと」


・「ほろほろと鳴く山鳥の声聞けば父かとぞ思う母かぞと思う」





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>
  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー











☆「好胤の言葉」高田好胤 学生社 2011年 ①

1.jpg

◇わたしを支えた母の一言

 母の言葉 
  「あんたはお薬師さんの子やで」

「どんなにつろうても我慢して辛抱してや」


 薬師寺に小僧として小学校5年生で(昭和10年)


 つらくても…
  「僕はお薬師さんの子や」






◇あなたの誕生日は、母苦難の日

 諸人よ思い知れかし己が身の誕生の日は母苦難の日


「自分の誕生日を両親に対する感謝の日にしようではないか」






◇刑務所からもらった礼状

 自衛隊・刑務所に行って感動する

- 人間のすばらしい個性は、この訓練の中から出てくるものだ



 個性尊重でほったらかしている
   → 個性でなく野性
  
   訓練されてこそ個性が育つ 



 刑務所の人々からもらう礼状 … お守りに

- 自分の心の中の神や仏の心に目覚めると言うことが自覚と言うこと







◇あぐらをかいていた若者

 寺の説教
  - 真ん中であぐらをかいて背を丸めている青年に一言


「真っ直ぐお行儀よく座りなさい」

→ 正座 1時間 「この若者の姿を見てくれ、この素直な姿を」

  2時間もそのまま正座


「今日のあなた方にとって、あの若者の姿は仏さんの姿だと思われませんか。わたしの話
 などどうでもいいのだ。おそらく、この前、薬師寺に行って話を聞いているときに、若
 い子が足を痛そうにしてじっと2時間とうとう座りきったなと言うことが、あなた方の
 心の中に残るだろう」







◇ほろほろと鳴く山鳥の声聞けば

 ほろほろと鳴く山鳥の声聞けば父かとぞ思う母かぞと思う
薬師寺2代目住職・行基の歌


 母の客死
  師匠「われとこのおかん、木石やなかったんのう。木や石なら死なはらへんだわのう」

    ↓

くじけさせないため、人生には大事な達観すべきときがあるということを教えるため


nice!(129)  コメント(2) 

「わたしの南無阿弥陀仏」ひろさちや 佼成出版社 ④ 2003年 [読書記録 宗教]

「我々にとってデタラメに見えるモノが、それゆえまさに仏様の心だということが分かる」



今回は、3月4日に続いて、ひろさちやさんの
「わたしの南無阿弥陀仏」4回目の紹介です。




出版社の案内には、


「お題目とともに、日本人になじみの深い『なむあみだぶつ』のお念仏を『なんだってあ
 りがたい』という視点でとらえ、それを日常生活の中で実践していくためのコツを紹介
 する“お念仏的生き方”入門書。」


とあります。



ひろさんは、わたしが思いもかけない視点を教えてくれます。
いかに自分がとらわれているかを教えてくれます。
ひろさんの本を見つけると、どうしても読書欲が欲が高まります。



今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「『出たら目』 出た目にまかせること」
「もう手当たり次第デタラメに近くにいる人から救う」


・「『阿弥陀』 いまいるあなたさまそのままがすばらしいとほとけさまは見ておられる」


・「親が子どもにしてあげられることは一緒に泣くこと」
「親がしてあげられることは心配すること(=布施)」


・「あれやこれやと未来を心配したり過去を悔やんだりせず、今なすべきことをしっかり
  やるしかない」




<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー










☆「わたしの南無阿弥陀仏」ひろさちや 佼成出版社 ④ 2003年

1.jpg

◇無分別智

□誰から助けるか

「今ここに妻と母親がおぼれている。どちらから先に助けるべきか」(禅僧)

~ 「わたしなら近くからいる方から助ける」



  レッテルをはらない



 一休さん 
   あるお坊さん 「お父さんとお母さんどっちが大事だと思う」

   一休  手にもっていたせんべいを二つに割る

「おじさんはどっちのせんべいがうまいと思う?」



子どもにとって父母を分けることはできない
(=阿弥陀様 「はかるな」)





□この世は「デタラメ」

 もともとの意味は「出たら目」
    出た目にまかせること



わたしはデタラメでいいと思っている
  我々にとってデタラメに見えるモノが、それゆえまさに仏様の心だということが分
  かる



   ・仏さまは相手を見て差別しない

   ・もう手当たり次第デタラメに近くにいる人から救う

   ・サイコロ任せ = 阿弥陀

    |

  阿弥陀様の前で善人も悪人もない

ほとけさまはまったく善悪の区別はしない

  デタラメ = もれがない
一人として救われない者はいない



  「阿弥陀」 
    いまいるあなたさまそのままがすばらしいとほとけさまは見ておられる








〈まん〉

◇一緒に

□万が一のときは泣けばよい

 「まん」「万が一」のまん


 万が一のときは泣けばいい = 泣くことしかできない


 親が子どもにしてあげられることは一緒に泣くこと



子どもの人生  
   のたうちまわる人生ならしっかりのたうちまわる



親がしてあげられることは心配すること(=布施)


 「一緒に」が大切




□反省すると執着になる

 あれやこれやと未来を心配したり過去を悔やんだりせず、今なすべきことをしっかりや
るしかない
 
  過去を追わされ 未来を願わざれ
       
  およそ過ぎ去ったものはすでに捨てられたのである

  また未来は未だ到達していない

  そうして現在のことがらを 各々の処においてよく観察し

  揺らぐことなくまた動ずることなく

  それを承知した人は その境地を増大しめよ

  ただ今日 まさに為すべきことを熱心に為せ





□明日を思い煩うな

 今日一日を、そして今を、大切に生きなければなりません


nice!(142)  コメント(0) 
前の2件 | - 読書記録 宗教 ブログトップ