So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書記録 郷土 ブログトップ
前の2件 | -

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 25 (最終) [読書記録 郷土]

今回は、10月30日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)25回目 最終の紹介となりました。



戦前に女子師範学校の学生さんがまとめた昔話集です。
その努力のおかげで、現在のわたしたちが楽しむことができます。





今回も前回に続き「植物に関する話」です。

 木に関する話が多いのですが、家康さんに関わる伝説が浜松近辺に如何に多いのか、
ということに本書が改めて気付かせてくれました。





<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー















☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 25(最終)

1.jpg

11 植物の話 続き


(5)雲立の楠 (浜松市)

 浜松市八幡町にある八幡神社の拝殿の左側に、三抱えも四抱えもある大きな楠の木があ
る。


 非常によく茂って、根元には大きな穴が出来ている。そこに「雲立の楠」と刻んだ石が
立っている。


 これは、以前は御旗の楠と言っていたという。


 それは、前九年の役に八幡太郎義家が奥州に向かう途中、この楠の元に源家の旗を建て
て武運長久を祈ったからだといっている。

 それが「雲立の楠」というようになったのは、徳川家康が三方原の合戦に敗れ、この所
に退いて祈願をこめた時、たちまち瑞雲が現れた。それからだという。  
                                  (金原せつ)







(6)小判松 (浜松市)

 市内の刑務所の近くに大きな松があった。

 それが沖を通る船から見ると、小判が一ぱいなっているように見えたというので、小判
松といった。

 現在は無い。(金原せつ)






(5)幡懸松(引佐郡三ケ日町)

 大福寺境内の西北隅に、幡懸松といって、周り二丈(約6.1㍍)余りで、実に千歳の
寿を保ったかと思われる松の木があったが、明治初年に枯死したとか。


 鳳来山の幡教寺(現大福寺の旧名)を現在の地へ移転した時、幡教寺の和尚は開山の故
智にならい、幡を高く投げ上げて占った。


 すると幡は高く舞い上がり、紫の雲につつまれて、はるかに飛んで、堂山のふもとの松
の梢にかかった。


 それで、この松の所に堂答を建立して移転した。


 ここは時の帝の勅願所となり。勅額を賜って幡教寺を改めて、大福寺と号した。
                                 (掘川てる子)






(6)大楠 (引佐郡三ケ日町)

 いつのころに芽生えたのか分からないけれど、五風十雨の恵みをうけ、数知れぬ星霜を
重ね、世にも珍しい大木よ、神木よと、はやされた日比沢の楠は、幹の周り実に五丈一尺
(約15.5㍍)、高さ十二、三間(約22~23㍍)、枝を張ること五畝に及び、根は
四方に広がり、所々に狐の穴等があった。


 冬時は狐が朝早く鳴くこともあり、人々が「楠木様が鳴く」などと言っていた。


 それが不思議にも明治十年、風も凪いだ静かな朝、百雷の一時に落ちるような大音響と
共に、大きな枝(枝とはいえ、なかなか、木の幹にもまさる)が落ちて来たが、その枝の
空洞に巣くつていた朽縄蛇も枝と共にちぎれて落ちた。


 その後の明治21年にも、再び同様の事があったという。


 樹の下に楠木神社、稲荷明神の二社を祀り、毎年2月初午の日を例祭とした。


 上下の旅人の立ち寄る者が多かった。


 昔、薩州侯 (薩摩の殿様)が家臣に三間(約5.4㍍)の槍を横に構えさせ、この木
をへだてて、これを見たが、一向に穂先も石突きも見えなかたという。


 いかに大きかったかがわかる。


 だが、明治23年、商人に買われてその形を断たれた。


 昔、東照権現(家康)がこの空洞に隠れたとか、または忠臣、楠正成はこの所に生まれ
たのだとか、種々の伝説もある。
                                 (掘川てる子)







(7)家康の隠れ松(引佐郡あら玉村・現浜北市)

 浜名郡赤佐村小野の山に石碑のような石が立っていて、松が5、6本生えている所があ
る。


 これは戦国のころ、徳川家康が武田氏と戦って敗れ、浜松へ逃げる途中、ここに隠れて
敵の目をくらましたといわれる。       
                                 (大西とき子)


nice!(139)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 24 [読書記録 郷土]

今回は、10月17日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)24回目の紹介です。



戦前に女子師範学校の学生さんがまとめた昔話集です。
大変おもしろく、今読むことができるのは 学生さん達のおかげです。




今回は、「植物に関する話」です。

「浜松の松はざざんざ…」
浜松の「ざざんざ織り」も知られています。



<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 24

1.jpg

11 植物の話


(1)蛇つなぎの松 (磐田郡二俣町・現天竜市)
 
 鳥羽山にあったが今は無い。

 昔、ここで大蛇を切ったという。(鈴木とし子)








(2)物見松 (磐田郡二俣町・現天竜市)

 二俣城跡にある。

 これに登って辺りをうかがったという。(鈴木とし子)








(3)野口八幡公園の楠 (浜松市)
 
 浜松には、逃げて勝った徳川家康の遺跡が、300年後の今日も依然として沢山残って
いる。


 そのなかで野口八幡公園の雲立の楠はその随一である。
 

 元亀(1570~1572)の昔である。

 武田勢に追いまくられた彼は、逃げ場に困った結果、この野口の楠の洞穴に入った。


 そうして一心に弓矢の神を念じて追手が発見しないように小さくなって闇の中で眼をキ
ョロキョロしていると、不思議な事には、楠の頂上から白雲がにわかに巻き上がると見る
間に、2、3度くるくると回ると、白髪のご神体と化して天に上った。


 徳川勢は、これは正しく武田勢を滅ぼす機会であるとして、矢庭にときの声をあげて敵
勢中に乱入した。


 家康は涼しい顔をして楠のウロからノソノソと這い出し、進め進めと激励した。


 そのため、武田軍は利あらずと見てさっさと退いた。


 この間に家康は易々と浜松城に入って助かった。


 翌朝、楠の周囲を見ると神馬らしい蹄の跡がはっきり残っていた。


 それで家康はここに八幡宮を祀ったという。 

 一説には楠でなくて、クモの木から白馬に蹄がったご神体が天上したとも伝えられてい
る。


 何にしても巧みに芝居を打って味方を激励した事は事実である。                   
                                (中村歌智子)








(4)さざんざの松 (浜松市)

 浜松の野口八幡神社の東方に「さざんざの松」というのがある。


 今のは何代目かの松で、秋風に枯れ枝が増え、当時をしのぶよすがもなく、長さがわず
かに7、8尺(約2.1~2.4㍍)の松になっているが、祖先は、はなはだ大木であっ
たらしい。


 古老に聞くと、昔は八幡神社の東方約5丁(約545㍍)の所にあったという。


 大風のために倒れたが、不思議にも5丁の距離を幹は空に向かって弓なりに円を描き、
下の八幡神社の近くまでとどいた。


 そして樹身からは再び根を生じたという。


 また、ある古老の話にこんな事がある。

 一代の画聖、狩野元信が、ある時浜松の宿に泊まった。


 その翌日、彼は有名な、さざんざの松を写生すべく根元に到り、写生だけして伝馬町の
旅館に帰った。


 そして、いよいよ名墨をたっぷり筆に含ませて書き上げようとしたが、どうも枝振りが
面白くないので、再びさざんざの松を訪れた。


 松は涼しい顔をして元信をひやかすように、ざんざ、ざんざを続けている。


 写生を開いて見比べるとアッと彼が驚いたのも道理、それは似ても似つかぬ形だった。


 そのため元信は、今度こそはと入念に下絵を書いて宿に帰ったが、何度筆を取っても意
の如くならず、それのみか、例の松はそこらの令嬢が着物を着替えるように毎日枝根を変
えてすまし切っている。


 流石の画聖も彩管を投げて嘆三嘆(嘆きためいきをつき)、神のことは我の及ぶところ
にあらずと、ついに思いとどまったという。


 星移り月変わり、今は何代目かの松が、まさに枯死の嘆きを秋風に訴えている。

                                  (中村歌智子)


nice!(141)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 郷土 ブログトップ