So-net無料ブログ作成
読書記録 郷土 ブログトップ
前の2件 | -

「遠江」28号 浜松史蹟調査顕彰会 2005年 [読書記録 郷土]

「来る月も来る月もB29にとって浜松はなじみの場所だった。日本に侵入したもののト
 ラブルに遭遇(故障等)した場合,パイロットたちは浜松に積荷(爆弾)を捨てるように指
 示されていた。そして,浜松は数え切れないほどの爆弾を投下された。なぜなら,当時
 のB29には数え切れないほどの問題が発生したから…」  
カーティス・E・ルメイ 米陸軍航空隊第21爆撃機集団司令官 






今回は、
「遠江」28号要約の紹介です。



「遠江」は浜松史蹟調査顕彰会が発行している冊子ですが、大変多くのことを学びます。

空襲回数は27回と多く、大きな被害を受けた浜松。
それを「ごみ箱」と例える神経には・・・




今回紹介分から強く印象に残った言葉は…

・「源太夫堀を開き新田開発  馬込川~天竜川」

- 海の近くは砂地に掘ったものだからすぐに埋まってしまい…
  管理が大変だったのではないかと思われます。
  以前勤務していた浜松市南部「五島地区」には、
  現在、「源太夫堀」跡の碑が立てられています。


・「2005年現在 浜松市に国宝が一点もない不思議さ」

- 「一点もない」に驚かされました。


・「音羽松  旧は音羽慎一家内  新は六所神社内」

- 旧のものは枯死してしまったのですが、新のものが社内に植えられています。






<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆「遠江」28号 浜松史蹟調査顕彰会 2005年

1.jpg
<「賀茂真淵記念館」のサイトより>


◇小笠原源太夫と伊藤東涯

□小笠原源太夫基長 正徳・享保・元文(1711-1740)

 浜松藩主 松平安芸守資俊・資訓 2代に仕える


 源太夫堀を開き新田開発  
   馬込川~天竜川


 昭和8年2月  
   関市三編 『郷土史』五島村



□古義堂学派領袖・伊藤東涯






◇岸田劉生のコレクター 浜松の山本貞次郎

□山本貞次郎の劉生コレクションと山本家の家系

 「松竹山房」文化の店 
   ~ 浜松駅前  竹村啓介


 貞次郎旧蔵は19点あった 
   2005年現在 浜松市に国宝が一点もない不思議さ



□山本貞次郎 1890-1923






◇浜松艦砲射撃

□C・E・ルメイの回想
   
 カーティス・E・ルメイ 米陸軍航空隊第21爆撃機集団司令官 

浜松は名古屋の南東,天竜川と浜名湖の間にあり海岸確認が容易だった
    

「来る月も来る月もB29にとって浜松はなじみの場所だった。日本に侵入したもののト
 ラブルに遭遇(故障等)した場合,パイロットたちは浜松に積荷(爆弾)を捨てるように指
 示されていた。そして,浜松は数え切れないほどの爆弾を投下された。なぜなら,当時
 のB29には数え切れないほどの問題が発生したから…」  


「わたしは,浜松が何トンの爆弾を投下されたのか正確には知らない。誰だってそうだろ
 う。そこは,本当に徹底的にやられた。我々は,搭乗員が浜松に爆撃しても,出撃に対
 する功績を認めることはできなかった。浜松は爆撃を終了するためのごみ箱だったのだ
 …」






◇浜松名木 渥美登良男

□颯颯之松  

 938年八幡宮が小沢渡より曳馬野に遷座



□音羽松   

 旧は音羽慎一家内  新は六所神社内

 社より600m東に松振川という沼地 → 鶴松

 今も六所神社のすぐ北に「八幡山」「八幡河岸」
nice!(139)  コメント(4) 
共通テーマ:学校

江戸時代の「津波避難タワー」 磯田道史(『歴史の愉しみ方』中公新書 2012年より) [読書記録 郷土]

今回は、『歴史の愉しみ方』より、磯田道史さんの、
「江戸時代の津波避難タワー」を紹介します。



磯田さんが浜松の大学に勤められて、
地震史について研究されていることは知っていました。
それに関する文章も、いくつか拝見しておりました。

また、浜松ジオラマファクトリーで作品が紹介されている山田卓司さんとも懇意だとも
聞いております。



今回、『歴史の愉しみ方』を読んでいて、よく知っている神社の名前が出て驚きました。

高塚にある熊野神社。我が家から徒歩30分くらい、妻と初詣に出かけたところです。



熊野神社よりかなり南方、より海岸に近いわたしも、家族とどこに避難すべきか話し合っ
ています。


わが家の近くの避難場所は、わたしの家より南方になってしまうのですが。




出版社の案内には、


「忍者の子孫を訪ね歩き、東海道新幹線の車窓から関ヶ原合戦を追体験する方法を編み出
 し、龍馬暗殺の黒幕を探る―。著者は全国をめぐって埋もれた古文書を次々発掘。そこ
 から『本物の歴史像』を描き出し、その魅力を伝えてくれる。同時に、歴史は厳しいも
 のでもある。地震史研究にも取り組む著者は、公家の日記などから、現代社会への警鐘
 を鳴らす。歴史を存分に愉しみ、現代に活かせる『歴史通』になりたいあなたへ。」


とあります。



高塚熊野神社の古木
DSC_0022.JPG


<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー












☆江戸時代の「津波避難タワー」 磯田道史(『歴史の愉しみ方』中公新書 2012年より)


<高塚 熊野神社 - 周りよりだいぶ高くなっています>
DSC_0019.JPG


1.jpg


 次に大津波のきそうなところで、しばらく歴史津波の古文書をさがそうと思って、2012
年4月から静岡文化芸術大学にうつり、歴史上の津波の講義をはじめたら、授業後、女子
学生から悲痛な質問メールがきた。


「自分は海岸から2キロの場所に住んでいる。震災後、津波避難所ができたが、たいてい
 2階建ての屋上です。想定される最大11メートルの津波が来た場合、それに上がって
 助かるものでしょうか。」


 私には「武士の家計簿」やら「忍者の履歴書」やら発見困難な古文書をみつける運があ
るらしい。


 震災後ためしに地震津波の古文書をさがしてみたらいくつも新出史料がみつかった。


 平時なら忍者の古文書だけ研究して楽しく歴史に遊んでもいい。
 しかし列島が地震活動期にはいってしまった以上、そうもしていられない。


「磯田さん。あんた古文書捜査がそんなに速いなら地震津波の古文書をみつけなよ」。


 天に則ればその声が聞こえる。それで津波常襲地の大学にうつることにした。



 歴史事例から津波の怖さを学生にさんざん講義したら


「東海地震の怖さは小学生の頃からずっといわれてきたが、先生ほど具体的な話をする人
 はいなかった」


と件の質問がきた。


 内閣府の有識者会議が最大級の南海トラフ連動地震がおきたときの津波の高さを公表。


 女子学生の住む町は11メートル超、私の住む浜松は14メートル超の津波が予想されて
いる。


 人命のかかった質問だ。私はこう答えた。


「3月3日付の『日本経済新聞』(電子版)に『津波は対抗せずやり過ごせ』という記事が
 ある。浜松に地形がよく似た名取市閖上(ゆりあげ=宮城県)の事例だ。閖上の海岸には
 8.5メートルの津波が襲来。沿岸から2キロ内陸にいた人は高さ約5メートルの歩道橋
 にあがってギリギリ助かった。しかしこれが11メートルの津波であったら助からなか
 ったと考えるのが自然。貴君が心配するように2階建ての屋上は6メートル前後。最大
 級の津波には最低でも高さ8メートル以上の建物屋上への避難が必要ではないか」


 いま、津波避難タワーの建設がさけばれている。


 海岸ぞいで高台のない人口密集地ではまさに命綱だ。


 ふと考えた。江戸時代に津波避難タワーはなかったのか。


 ところが1か月もたたず、私は史料調査中にその現物をみつけてしまった。


 浜松駅の西に高塚という駅がある。


 近くの熊野神社に高い塚があるから高塚だ。


 神社の案内板をみて驚いた。

「此の地の神主さんが高い丘を作って人びとを救えと云う不思議な夢を見たので、村人と
 はかって神社の裏山に土を盛りあげた」。


 それは最古かもしれない津波避難タワーだった。


 高塚地区は海岸から2.2キロ。海抜約5メートル。巨大津波が来れば危ない。

 だからだろう。周囲の地面から高さ8メートルの砂山を作っていた。


 高塚の地名は江戸初期にはすでに見られる。


 砂山の麓には樹齢500年のシイの大木があった。


「大津波のため住んでいた人達が殆ど死んでしまった。村人は津波の犠牲者を此の地に葬
 り沢山の砂を浜から運んで高い塚を作った」。


 これはおそらく明応の超巨大津波(1498)の時のことだろう。明応津波は安政地震津波
(1854年)の3~4倍の高さとされる。


 巨大津波で高塚集落は一度壊滅したらしい。


 しかし

「安政の大地震が起り津波のため多くの死者が出たが、高塚の人達は此の丘に避難して被
 害を免れた」。


 このタワーは機能したのだ。

 この集落は、神の声、神主の発案でこの避難タワーを作り「維新頃に至るまで毎年正月
元旦に氏子が土砂を盛」っていた(『入野沿革誌』)。



 しばらくして例の女子学生からメールがきた。


「近くに8メートル以上の4階建てがあるからそこに逃げるようにします」。


<熊野神社の由来書き>
DSC_0021.JPG

nice!(148)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 郷土 ブログトップ