So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書記録 郷土 ブログトップ
前の2件 | -

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑲ [読書記録 郷土]

今回は、7月30日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)1回目の紹介です。




静岡県にある羽衣出版による、すばらしい本です。


今回は、「地名の由来」にまつわる伝説の紹介です。
採取者の女子師範学生の努力に感謝します。



昨日、妻と一緒にシネマイーラで映画を観ました。
午前に「海を駆ける」、夕方「ラスト・ワルツ」。
「ラスト・ワルツ」は、
リマスター映像のためか40年前とは思えないほど、生き生きとした映像でした。
ザ・バンドのエネルギッシュさが伝わってきました。








<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー




<いちゆうのヒト in 浜松 vol.10>
1.jpg
毎年夏恒例、「いちゆうのヒト in 浜松 vol.10」が19日に開かれます。
今回は来年の大河ドラマいだてん特集「古橋廣之進と田畑政治」。
浜松出身の女性講談師・田辺一邑さんの地元での講談会です。
高田柊(ヨーヨー世界チャンピオン)さん、田辺凌鶴さん、田辺いちかさんの出演も!
時間が合えば、ぜひお楽しみください。
 日 時:8月19日(日) 開場 13:30~ 開演 14:00~ 終演 16:30
 会 場:浜松市地域情報センター ホール
 入場料:前売券 2,500円  当日券 3,000円
以下のサイトに
http://www.hcf.or.jp/calendar/detail.php?id=21422








☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑲

1.jpg

9 地名の由来

(1)弥八山と左伝次山 (磐田郡山香村・現浜松市佐久間町)

 昔、大滝に弥八と左伝次の兄弟があった。ある日、二人は山へ仕事に行ったが、何かで
口論の末、弥八は弟の頭をよき(斧)でなぐりつけた。


 弟は手にあった鳶口で兄をなぐりつけた。


 とうとう大げんかになって、弟は兄に殺されてしまった。


 そして兄もその場で我が首をよきで切って死んでしまった。


 それから、弥八が死んだ山を弥八山、左伝次が殺された山を左伝次山というようになっ
た。                               (本多みち)






(2)鳥羽山 (磐田郡二俣町・現浜松市天竜区二俣町)

 昔、ここが青い海であった時、ここに船をつけて苫を乾かしたので、とま山と言い、な
まってとば山と言う。                       (鈴木とし子)






(3)鳥帽子山 (磐田郡二俣町・現浜松市天竜区)

 この山の形が烏帽子に似ているのでそう言う。


 また、ここに穴があるが、昔、ここが海であった時、大船がぶつかってそこが穴になっ
たという。                            (鈴木とし子)






(4)豆こぽし (磐田郡佐久間村・現浜松市天竜区佐久間町)

 佐久間とこはやの間に天竜川が非常に曲がった瀬がある。


 そこを豆こぼしという。


 それは、昔、ある船頭が船に豆を一杯積んでそこにさしかかった。


 すると、大波のために岩に船をつきあてて、豆をみんなこぼしてしまい、船頭も死んで
しまったという。                          (本多みち)






(5)梯子坂(磐田郡光明村・現浜松市天竜区)

 光明村光明山の裏道に梯子坂という所がある。


 家康が武田勢に追われて逃げる時に、坂があまり急なために梯子をかけて登ったという。


 それからこの地名が出来た。                     (本多みち)






(6)羽ケ庄 (磐田郡佐久間村・現浜松市天竜区佐久間町)

 佐久間村佐久間字羽ケ庄は、長篠合戦の落武者がここで数十名死んだので、墓所と言っ
ていたが後に羽ケ庄と変わった。


 また一説に、樋口次郎兼光の妻が、家康の家来15人に追いつめられて、この地で自害
した。


 その墓所という所から羽ケ庄となったともいう。
                                   (本多みち)


nice!(145)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑱ [読書記録 郷土]

今回は、7月15日に続いて、静岡県女子師範学校郷土研究会編による
『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)18回目の紹介です。




静岡県にある羽衣出版による、すばらしい本です。


今回も、「屋敷の話」にまつわる伝説の紹介です。
採取者の女子師範学生の努力に感謝します。


一昨日、台風の強風で我が家の木の枝が折れました。
車の近くに落ちていたのですが、当たらなくてホッとしました。
1.jpg2.jpg


<いちゆうのヒト in 浜松 vol.10>
1.jpg
毎年夏の恒例、浜松出身の講談師・田辺一邑さんの
「いちゆうのヒト in 浜松 vol.10」が、今夏も浜松市地域情報センターで開かれます。
今回は来年の大河ドラマいだてん特集「古橋廣之進と田畑政治」。
高田柊(ヨーヨー世界チャンピオン)さん、
田辺凌鶴さんの「金栗四三」、
田辺いちかさんの出演も!
時間があえば、ぜひお楽しみください。
  日時:8月19日(日) 開場 13:30~ 開演 14:00~
  会場 :浜松市地域情報センター ホール
  入場料:前売券 2,500円 当日券 3,000円
以下のサイトに
http://www.hcf.or.jp/calendar/detail.php?id=21422







<浜松の新名所 浜松ジオラマファクトリー!>

  ものづくりのまちとも言われる浜松。
 山田卓司さんのすばらしい作品を 
 ザザシティ西館の浜松ジオラマファクトリーで味わえます。
 お近くにお寄りの時は ぜひ お訪ねください。

浜松ジオラマファクトリー








☆『新版 静岡県伝説昔話集』(上巻)静岡県女子師範学校郷土研究会編 1994年 ⑱

1.jpg

8 屋敷の話

(1)お化け屋敷 (浜松市八幡町)

 これは、昔、浜松の田町や肴町に家の少なかったころ、早馬の横町にあった。


 その家には一つの古井戸があって、狐を退治しては、この井戸に投げ込んでいたので、
その家に住んだ人は死に絶えてしまった。


 それでそこをお化け屋敷と呼んでいる。(金原せつ)








(2)沖の瀬御殿 (引佐郡三ケ日町)

 津々崎の南海岸より数丁(約500㍍)の間を沖の瀬と称し、浅瀬が続いているが、そ
の先端に宏大な建築物の跡とも見える石垣が、四方一町 (約1090㍍)余りの間の海
底に残されている。


 里の人は沖の瀬の御殿と呼んでいる。


 昔々、ある大名のお姫様が病気保養のため、風光絶佳の猪鼻の湖岸に宏壮な邸宅を営み、
侍女を相手に、凰の夕、雪の朝と、思いのままの生活をしていた所だという。


 美しい女達の住家とて、定めし面白いエピソードもあった事であろうが、語り伝える人
も無い。この御殿跡には、美しい魚類が多いという。


 定めしお姫様の魂ででもあろう。                 (城川てる子)







(3)たたり屋敷 (引佐郡三ケ日町)

 鵜代の札木の付近に崇り屋敷という屋敷がある。


 昔、この屋敷に住んでいた某という相当裕福な老爺があった。


 ある年の師走の夕方に、行きくれた二人連れの六部(巡礼)さんが報謝の宿を求めたけ
れど、在郷の事でと言うので、一人だけこの家へ泊めてもらって、他の一人は他の家に泊
めてもらうことになった。


 朝になって他の家に泊まった六部が、「さあ、出掛けましょうな」と札木のこの家に誘
いに来たところが、主の老爺が「私の家へ泊まった六部さんは、先刻一足先にお立ちにな
った」と言う。


 戸口に掛けた同行二人と記された笠は正しく連れの笠であるので、不思議な事だと首を
ひねりながら一人で出発してしまった。


 聞けば、老爺のところに泊まった六部は、大変小判を持っていたという事である。


 それからというもの、流石に裕福であったその家も、だんだん衰えて、土蔵も屋敷も人
手に渡して西国巡礼の旅にのぼってしまった。


 多分知らぬ他国で並木の肥になった事であろう。


 それからというものは、この屋敷へ何の関係のない誰が住んでも、どうも栄えぬという
事だ。                              (掘川てる子)

nice!(155)  コメント(2) 
共通テーマ:学校
前の2件 | - 読書記録 郷土 ブログトップ